無線LAN

無線LANとは、電波を用いて数m~数十m程度の範囲内で高速なデータ通信を行う通信技術で、「アクセスポイント」と呼ばれる中継機器を中心に、複数のコンピュータを接続して通信ネットワークを形成することができます。

Wi-Fi

Wireless Fidelity(ワイヤレスフィデリティ)の略で、無線LANを実現する規格の一つです。

無線LANクライアント

無線LANによるネットワークを利用する端末(ノートPCやスマートフォンなど)を指します。

無線LANアクセスポイント

Access Point(AP)、本資料ではWi-Fiによるインターネット通信を実現する機器を指します。

無線LANコントローラ

APの集中管理を行うWireless LAN Controller(ワイヤレスLANコントローラ)。集中管理型の無線LANのシステム構成は、APは単なるのアンテナの役割とデータ受信時の暗号化/復号処理だけを行い、認証、暗号化、電波出力調整、ローミングはWLCが行います。APC(APコントローラ)とも。

SSID

Service Set Identifier(サービスセットアイデンティファイア)の略称、スマートフォン等から見て、APを識別するための名前です。

AAA

Authentication, Authorization, and Accountingの略称、有線ネットワークや3G,WiMAX,LTEなどのBWA, Wi-Fi等の通信サービスにて、ユーザー認証を司る機能です。
※当社サービスコンポーネント名として「Scalable RADIUS」と呼称

CAPTIVE PORTAL

スマートフォンなどの無線LANクライアントがSSIDをつかんだ後に誘導される接続ポータル。インターネット接続許可を得ていない「未認証ユーザー」に対し、認証を求める機能を提供します。
※サービスコンポーネント名として「Splash Portal」と呼称

CMS

Content Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略称、Captive Portal上のコンテンツ更新を容易にする仕組みです。

認証ID

Wi-Fiによるインターネット接続サービスを、Captive Portal経由で行うための個人識別IDです。メールアドレスや、Facebook等のOpenIDによるログイン認証が可能です。