Scalable RADIUS

クラウドで提供される可用性と拡張性に優れる認証サービス
マルチテナントに対応し、各テナントでプロビジョニング可能なサブスクライバー数は無制限でご利用いただけます。
多言語に対応したCaptive Portal用のCMSも併せて提供されます。

ユーザー認証機能

コンテンツ管理機能

1クラウドログイン

インターネットを経由してどこからでも安全かつ簡単に、サービスを導入・管理・運用できます。

以下のセキュリティ機能が標準で提供されます。

  • 独自CAPTCHAによる総当たり攻撃への対策
  • 不正ログイン挙動検出によるアクセス元IPアドレスの自動ブラックリスト登録
  • ログイン中管理ユーザーの時限強制ログアウト
2サイト管理
サイト一覧

WISPは複数のランドオーナーのサイトを管理可能です。同様に、ランドオーナーは複数の商業エリア・店子用のサイトを一括管理可能です。

3ベンダー選択
無線LANベンダー選択

無線LANコントローラ、認証ポータル、認証サーバ間の連携機能設定となります。

  • Aruba Networks
  • Aerohive Networks ※クラウドコントローラ
  • Alvarion (Wavion Wireless Networks)
  • Cisco (Aironet)
  • Cisco (Meraki) ※クラウドコントローラ
  • Ruckus Wireless
  • HP (旧Colubris Networks系MSMシリーズ)
  • IgniteNet ※クラウドコントローラ
  • Relay2 ※クラウドコントローラ
4ユーザー認証

ユーザが普段利用している各SNS(facebook, twitter, Google+, Instagram, 微博(weibo), LINE, Kakao, Linkedin, VK)と連携し、無線LANへの参加手続きを簡単にする仕組みです。
各SNSと連携するAPI設定値(APP KEY / APP SECRET)を設定します。併せて1回あたりの接続時間、1日あたりの認証可能回数を設定可能です。

デフォルトでは弊社が発行・運用するWi-Fi接続用OAuthアプリケーションを使用しますが、ランドオーナーが発行した独自のOAuthアプリケーションのApp key / App secretを設定することも可能です。これにより、街中や商業施設でよく見かけるSNSログイン対応のWi-Fiホットスポットを、ランドオーナー独自に、アクセスポイント1台から公開できます。

ログイン方法の選択
SNS側へログイン
インターネット接続完了
独自コンテンツへ誘導

メールアドレスを登録し、FREE Wi-Fiの利用を一定期間、手紙アイコンのタップのみで認証させる仕組みです。

併せて1回あたりの接続時間、1日あたりの認証可能回数を設定可能です。

ログイン方法の選択
メールアドレスを入力
受信メールで登録手続き
インターネット接続完了

ユーザが普段利用している携帯電話番号あてにWi-Fiログイン用パスコード付きSMS(ショート・メッセージ)を送信します。

Twilioと連携するAPI設定値(ACCOUNT SID / AUTH TOKEN)を設定します。併せて1回あたりの接続時間、1日あたりの認証可能回数を設定可能です。

電話番号入力
SMS着信(PW通知)
パスワード入力
インターネット接続完了
5認証成功後の転送
ログイン属性処理

認証時(Wi-Fiログイン時)の様々な情報によって、リダイレクト先をコントロールすることが可能です。

動作設定例
  • ユーザーがLINEでログイン後、店舗のLINE@ページへリダイレクト
  • ユーザーがtwitterでログイン後、自治体の防災用twitterページへリダイレクト
  • ユーザーのモバイル端末の言語が英語の場合、ログイン後は自社HPの英語ページへリダイレクト
6ユーザー管理
ユーザー管理
  • ワイヤレスセッション管理
  • 認証IDの有効期限、認証拒否設定
  • ファイルインポートによる認証IDの一括登録
  • 顧客LDAPサーバーとの連携(OpenLDAP, MS ActiveDirectory)

登録管理ユーザー数は無制限、保管期限も無制限となります。

 保管されるSNS情報 Facebook Twitter Google+ Instagram 微博 LINE Kakao Wechat Linkedin VK
OpenID
ハンドルネーム
性別
在住
メールアドレス
本人ページ
フォロワー数
最終更新日 2017/09/16

7認証ログ
認証ログ

以下のログを保管します。

  • ユーザー登録(Provisioning)
  • 認証ログ(Authentication)
  • 認可ログ(Authorization)
  • 課金ログ(Accounting)

ログの保管期間は3〜6ヶ月となります。ログの保管と管理画面からの参照機能がサービスに含まれます。ログ用の保管領域からの外部出力については、別途ご相談ください。

8アナリティクス
認証アナリティクス

認証ログから以下の統計情報を可視化します。

  • 認証方式別:指定期間中の認証方式別の折れ線グラフ、円グラフを表示します。
  • 国籍別:指定期間中の国籍別の折れ線グラフ、円グラフを表示します。
  • 言語別:指定期間中の言語別の折れ線グラフ、円グラフを表示します。
  • CSV出力:指定期間中のグラフ元データをダウンロードできます。
9自動レポーティング
レポート設定

月初1日に、登録済みメールアドレス宛てに前月一ヶ月分のレポートメールを自動送信する機能です。

  • 認証数の統計グラフ
  • 認証方式別のランキング(トップ5)
  • 国籍別のランキング(トップ5)

をご覧頂けます。

10外観デザイン
テーマオプション

ロゴやフッターのコピーライト、基調色やタイポグラフィを自由に変更できます。